防音対策の内窓 専門店

防音合わせガラスを分かりやすく解説

防音だけが目的ならば、
防音合わせガラスがオススメです。

防音合わせガラスとは、2枚のガラスで
防音特殊中間膜をはさみこんだガラスのことです。

防音合わせガラスの構成図

苦手な音域はなく、音域全体を
高い遮音性能でカバーしてくれます。

普通の一枚ガラスだと、人が最も感じやすい音の音域
1000~2000ヘルツで遮音性能が低下
してしまうのです。

さらに、日本板硝子製の防音合わせガラス「ソノグラス」では、

・6mmタイプ(板ガラス3mm + 防音特殊中間膜 + 板ガラス3mm)
・12mmタイプ(板ガラス6mm + 防音特殊中間膜 + 板ガラス6mm)

この2種類を扱っています。

6mmタイプの防音合わせガラス「ソノグラス」の特徴

防音だけが目的の方には、このガラスがオススメです。
6mmタイプは、JIS等級T-2(30等級)をクリアしています。

12mmタイプの防音合わせガラス「ソノグラス」の特徴

ガラスの厚さが2倍になる12mmタイプを選ぶことで、
ガラス戸が重くなるというデメリットはあります

ですが、全音域で6mmタイプを上回る防音効果が期待できます。
12mmタイプは、JIS等級T-3(35等級)をクリアしています。

防音合わせガラスの音響透過損失

当店では、内窓の設置において、
ガラスの選択よりも、サッシ枠の密着性が重要だということを
何度もお伝えしています。

12mmタイプの防音合わせガラスを選ぶ場合は、
組み込むサッシ枠自体に遮音性能がなければ、
十分な効果が発揮されません。

極端な例ですが、おんぼろの軽自動車に、
スポーツカーのエンジンを搭載しても、
オーバースペックになってしまうのは目に見えています。

そのため、12mmタイプの防音合わせガラスに
対応できるのは、プラストサッシだけ
です。

★ラインナップ
・防音合わせガラス「ソノグラス」 日本板硝子製
・防音合わせガラス「ラミシャット」 旭硝子製

内窓の資料請求はこちら
資料請求フォーム
ご相談・お見積もりはこちら
お問い合せフォーム
電話でのお問い合わせ:0120-797-348
窓工房 青梅店
〒198-0023 東京都青梅市今井2-1036-4
TEL:0428-31-1556
窓工房 入間店
〒358-0026 埼玉県入間市小谷田678-5
TEL:0429-36-9695
会社概要サービスエリアお問い合わせ内窓の資料請求サイトマップ