0120-797-348

 / 受付時間 9:00~17:00(月〜土)

防音対策の内窓 専門店

まずは内窓のサッシ枠を選ぼう!

サッシ枠と組み込むガラス

内窓は、『防音サッシ枠』『組み込むガラス』
2つのパーツを組み合わせて取り付けます。

防音対策をしたい場合に、
まず最初に選んで欲しいのが、
防音サッシ枠になります。

どうやってサッシ枠を選べばいいのか
をお伝えさせていただきます。

枠の密着性が、なによりも大事

これから、とても大切なことを言わせてください。

内窓は、枠の密着性がどれぐらいあるかということで、
防音性能が決まってしまいます。

枠によって密着性が異なるため、
防音性能に差があるのです。

理想的な内窓は、
窓ががちゃっと閉まり、しっかりと音の出入りを防ぎます。

極端な例ですが、冷蔵庫の扉をイメージしてください。

冷蔵庫は、扉のまわりにゴムパッキンがまわっていて、
扉をカチャっと閉めると、中の冷気が逃げなくなります。

サッシ枠にも、冷蔵庫のような密着性を求めることによって、
隙間が限りなく少なくなり、音の出入りを遮断
します。

内側の窓に、しっかりとした密着性を求めることが、
なによりも大事なのです。

どれだけ密着性のよい、隙間の出にくい枠を使うのか

窓が2個あって、二重になるから音が減るのではなく、

新しく取り付ける内窓の枠に、

“どれだけ密着性のよい、隙間の出にくい枠を使うのか”

これがポイントです。

密着性のよい枠だからこそ、隙間を極力減らし、
より高い防音効果が期待できるのです。

もちろん、枠の密着性がよくなればなるほど、
商品のお値段も高くなっていきます。

当店では、お客さまのお悩みの音の種類、現場の環境、予算に応じて、
ぴったりな枠のご提案をさせていただいています。

どの枠がよいのかいまいちよく分からないという方は、
お電話やメールにて気軽にご相談くださいね。

当店で扱っているサッシ枠は、4種類

内窓のサッシ枠は、この4種類を扱っています。

大信工業 プラストサッシ
旭硝子 まどまど
YKK AP プラマードU
トステム インプラス

それぞれのサッシの特徴をひと言で紹介させていただきます。

プラストサッシ

極めて密着性のいい、最も遮音性の高いサッシ枠。

まどまど

とにかく骨組みが丈夫。密着性もよいサッシ枠。

プラマードU

リーズナブル。費用対効果が抜群のサッシ枠。

インプラス

知名度抜群のサッシ枠。

どのメーカーのサッシ枠もメリット、デメリットがあります。
次は、それぞれのサッシ枠について、詳しく解説していきます。

内窓の資料請求はこちら
資料請求フォーム
ご相談・お見積もりはこちら
お問い合せフォーム
電話でのお問い合わせ:0120-797-348
窓工房 青梅店
〒198-0023 東京都青梅市今井2-1036-4
TEL:0428-31-1556
窓工房 入間店
〒358-0034 埼玉県入間市根岸425-1
TEL:0429-36-9695
トップページ営業エリアスタッフ紹介お問い合わせ資料請求