0120-797-348

 / 受付時間 9:00~17:00(月〜土)

防音対策の内窓 専門店

内窓の枠に組み込むガラスを選ぼう!

防音サッシ枠を決めたら、
次はガラスを選んでいきます。

ガラスを選ぶときのポイントは次の2つです。

その1. どんな種類の音の対策をしたいか
その2. 防音以外に対策したいことはどんなことか

当店では、この2点を、お客さまからじっくりと聞かせてもらって、
その内容にぴったりのガラスを提案しています。

1. どんな種類の音の対策をしたいか

組み込むガラスによって、
防音性能が、著しくアップするということはありません。

それでも、ガラスの種類や厚さによって、
得意とする音域(音の高さ)が違ってきます。

音響透過損失

つまり、お悩みの音の音域に強いガラスを
しっかりと選ぶことが大切
になります。

2. 防音以外に対策したいことはどんなことか

内窓を取り付けることによって対策したいのは、
音を防ぐことだけなのか、断熱効果も期待したいのか。

目的は音を防ぐことだけか、断熱効果も期待したいのか

その目的によって、ガラスの選び方が変わります。

当店でオススメしている組み合わせを紹介します。

プラストサッシ、プラマードU、(インプラス)のガラスを選ぶ場合

防音対策で内窓を取り付ける場合に、
ガラスの候補となるのは、主に次の5種類のガラスになります。

候補1. 防音ガラス「ソノグラス」 6mmタイプ
候補2. 真空ガラス「スペーシアFIT」
候補3. 真空ガラス「スペーシアSTⅡ」
候補4. 防音ガラス「ソノクラス」 12mmタイプ
候補5. 異なる厚さの防音ペアガラス 4mm + 8mm +6mmタイプ

[パターン1] スタンダードな防音対策をしたい場合

防音合わせガラス「ソノグラス」の6mmタイプがオススメ。

[パターン2] とにかく遮音性を極限まで高めたい場合

防音ガラス「ソノグラス」の12mmタイプ。
または、
異なる厚さの防音ペアガラス
(ガラス4mm + 空気層8mm + ガラス6mm)

[パターン3] 防音とあわせて、断熱効果も高めたい場合

防音合わせガラス6mmから、費用をちょこっとだけプラスして、
真空ガラス「スペーシアFit」を選ぶのがオススメ。

[パターン4] 防音はもちろん、断熱・結露対策をとことんやりたい場合

真空ガラス「スペーシアSTⅡ」
または、
異なる厚さの防音ペアガラス
(ガラス4mm + 空気層8mm + ガラス6mm)

まどまどのガラスを選ぶ場合

まどまどの場合は、旭硝子製のガラスだけ組み込めます。

ガラスの候補となるのは、主に2種類です。

候補1. 防犯ガラス「セキュレ」
候補2. 防音ガラス「ラミシャット」 6mmタイプ

[パターン1] スタンダードな防音対策をしたい場合

防犯ガラス「セキュレI」を選ぶのがオススメ。

[パターン2] さらに防音性能を高めたい場合

防音ガラス「ラミシャット」 6mmタイプを選ぶのがオススメ。

防音サッシ枠とガラスの組み合わせに関しては、

防音・断熱性能の10段階評価のページもぜひ参考にしてください。

セキュレって、どんなガラス?

旭硝子製 セキュレI
まどまどに組み込めるのは、旭硝子製のガラスのみ

セキュレには、Ⅰ~Ⅲまでが用意されていて、
数字の数に応じた防犯フィルムが挟まれています。
つまり数値が高いほど防犯性能の高いガラスになります。

セキュレⅠ フィルム1枚
セキュレⅡ フィルム2枚
セキュレⅢ フィルム3枚

「ラミシャット」という防音合わせガラスもありますが、
セキュレに比べて価格帯がアップします。

そのため、基本的な防音効果も期待できる
「セキュレレベルⅠ」をオススメしています。

当店ではお客さまの悩みに応じた組み合わせを提案させていただいています。
いまいちよく分からないという方は、気軽にご相談くださいね。

次は、それぞれのガラスの特徴を説明していきます。

内窓の資料請求はこちら
資料請求フォーム
ご相談・お見積もりはこちら
お問い合せフォーム
電話でのお問い合わせ:0120-797-348
窓工房 青梅店
〒198-0023 東京都青梅市今井2-1036-4
TEL:0428-31-1556
窓工房 入間店
〒358-0034 埼玉県入間市根岸425-1
TEL:0429-36-9695
トップページ営業エリアスタッフ紹介お問い合わせ資料請求