0120-797-348

 / 受付時間 9:00~17:00(月〜土)

防音対策の内窓 専門店

理由1 サッシの隙間対策が必要だから

音は窓から出入りします。

もっと細かく見ていくと、
窓のどの部分を通過するのでしょうか?

1つ目は、窓ガラス自体を通過する音。
2つ目は、窓枠とガラス戸の隙間から漏れる音。

窓ガラス自体を通過する音、窓枠とガラス戸の隙間から漏れる音

この2つが音の出入りの原因です。

そのため、窓ガラスを防音ガラスに替えるだけでは、
効果的な防音対策になりません。

それと合わせて大切になるのが、
窓枠とガラス戸の隙間から漏れる音を塞ぐことです。

隙間から漏れる音の方が圧倒的に多いので、
サッシの隙間対策をすることが重要
になります。

内側に新しく設置する内窓は、
窓枠とガラス戸の隙間が
極力少なくなるように研究されて作られています。

窓枠は、よくあるアルミサッシではなく、
弾力性のある樹脂製サッシが使われています。

実際に内窓のガラス戸を閉めてみると、
これが、ピシッと気持ちよく閉まるのです。

それでも、実際に触ったことがないと、
イメージしにくいですよね。

内窓を触ったことがない人にも、
簡単にイメージしてもらう方法があります。

それは、冷蔵庫の扉です。

冷蔵庫の扉って、扉の周りに、
密着のいいゴムがきっちりと着いてますよね。

あのゴムのおかげで、扉を閉めれば、
ぴったりとしまって中の冷気が逃げなくなります。

冷蔵庫の扉のような密着性

冷蔵庫の扉のような密着性

冷蔵庫ほどの密着性は極端ですが、
内窓でも、窓枠とガラス戸の間に、
あの密着性が再現されていると思ってください。

そして、密着性があるから、隙間がない。
隙間がないから、音の出入りもシャットダウンできるのです。

この構造のおかげで、より強力に
サッシの隙間対策ができるのです。

「窓が二重になれば音って下がるよね」と、よく聞かれます。

窓が二重になるから音が下がるの?

お客さまの中には、
「窓が二重になれば音って下がるよね。」
とおっしゃる方もいらっしゃいます。

確かにそういう要素もゼロではありません。

けれど、窓が二重になるからということよりも、
内側に新たにはいる窓自体が
密着性の高い窓であるということが重要
です。

「なるほど。新たに入る窓自体で、隙間を塞いでいるので
防音効果がでやすいんだぁ~。」

と考えてもらえればと思います。

あえて極端なことをいうと、

今の窓が開いていても、新しく設置した内窓で、
完全に音をブロックする

これぐらいの感覚で
対策をすることが大切になってきます。

そうしないと、やはり音は入ってきてしまいます。

窓が二重だから、それだけでいいということではないのです。

★ここでのポイント!
・ガラスを通る音だけでなく、窓枠の隙間をふさぐのが肝心
・機密性の高い内窓が、窓枠の隙間を内側でシャットアウト

内窓の資料請求はこちら
資料請求フォーム
ご相談・お見積もりはこちら
お問い合せフォーム
電話でのお問い合わせ:0120-797-348
窓工房 青梅店
〒198-0023 東京都青梅市今井2-1036-4
TEL:0428-31-1556
窓工房 入間店
〒358-0034 埼玉県入間市根岸425-1
TEL:0429-36-9695
トップページ営業エリアスタッフ紹介お問い合わせ資料請求