0120-797-348

 / 受付時間 9:00~17:00(月〜土)

防音対策の内窓 専門店

音が一番出入りするのは、窓だと知っていますか?

窓から出入りする音が一番の原因

窓から出入りする音が一番の原因

音は、窓から入る音も、
壁から入る音もあります。

その中でも、圧倒的に多いのが、
窓から入る音です。

外からの騒音、室内からの音漏れは、
窓から出入りする音が一番の原因になるのです。

自宅の防音対策をしたい方には、
なによりもまず、窓の対策を勧めています。

窓からの音の出入りを抑えることは
費用対効果が抜群だからです。

窓の防音対策には、主に次の3つがあります。

1. 今の窓ガラスだけを防音効果の高い窓ガラスに入れ替え
2. 今の窓を取り壊して、防音効果の高い窓に入れ替え
3. 今の窓はそのままに、内側にもう一つの窓を設置

この中でも、当店が群を抜いてオススメしているのが、
3番目の「今の窓はそのままに、内側にもう一つの窓を設置する方法」です。

今の窓のガラスだけを防音効果の高いガラスに交換する方法

ガラスの交換だけというと、一見、お手軽に感じます。

ですが、当店としてはオススメすることはできません。

窓はガラスの面積が一番大きな割合を占めます。
確かにガラスを交換すれば、
今より音の出入りを減らすことはできます。

しかし、ガラスだけの交換の場合は、
窓枠を交換していないため、窓枠の隙間から音が入り込みます。

窓枠の隙間から音が入り込む

そのため、防音効果が発揮されにくいのです。

お客さまの中には、どうしても内窓の設置を嫌がる方、
今よりもちょっとだけ防音効果があがるだけでいいという方も
いらっしゃいます。

そういう方にはガラス交換だけをやらせていただきます。

さらに今の窓の立て付け調整をしたり、
鍵がよくかかるように調節したりすることで、
少しでも隙間が狭まるようにします。

そこまではやれるけれど、やはり防音効果が出にくいのが現実。

そのため、当店としてはオススメすることはできません。

今の窓を取り壊して、防音効果の高い新しい窓に交換する方法

手間もお金もかかる

今の窓を取り壊して、防音性の高い窓枠に交換しようとすると、
それは大がかりな工事になります。

大工さんが入ったり、左官屋さんが入ったり、
ガラス屋さん以外のいろんな職人さんの力が必要になります。

2、3日はかかってしまうほどの大工事です。

工事を手伝ってくれる人、かかる時間が多くなればなるほど、
当然ながら工事費も高くつきます。

つまり、サッシごと交換することは手間もお金もかかるのです。

そもそも、マンションの場合は、窓枠交換の許可がおりにくい。

持ち家一軒家なら、自分の意志次第で
壁を壊すような工事が自由にできます。

けれど、マンションにお住まいの方の場合、
窓は完全な共有部分です。

ガラスの交換は許可が降りるけれど、
サッシごと交換する工事は、まず許可がおりません。

マンションの外観保持が理由となって、
オーナーさん、管理組合などからの許可がおりない
のです。

ガラス屋さんが窓枠サッシごと交換するのは、こんなとき

例えば、お住まいの家の窓が30年、40年の古さで、
もうガタガタで、動きも悪くて、隙間だらけ。

そういう窓を新しく入れ替えることなら、まだ現実的です。

また、窓を取り壊すには、外壁を切らなければなりません。

そうすると、切ったあとが残ってしまって、
外観上の見栄えにも影響してきます。

徹底的に考え抜いた大型リフォームのときならば、
壁を壊して、窓を入れ替えて、全体の見栄えを整える。

これもひとつの方法だと思います。

しかし、防音目的だけで、窓の入れ替え工事となると、
ちょっと大変だというのが本音
です。

窓の防音対策のためだけに、
それほどの労力とお金をかけるのは、まったく割にあいません。

そのため、この方法も当店としてはオススメできないのです。

■サッシごと交換することのデメリット

× 工事に関わる人数が増える
× 工事に2,3日はかかる
× 工事代が跳ね上がる
× 外壁に傷が残る
× そもそもマンションは許可が下りない

今の窓はそのままに、内側にもう一つの窓を設置

当店では、防音目的であれば、今ある窓はそのまま置いておいて、
内側に新しい窓を取りつけるのをオススメしています。

今ある窓に特別な防音効果がなくても
やはり多少それでも遮音はしてくれます。

今の窓はそのままにしておいて、
内側に新しい窓を取りつけた方が
防音効果も極めて出やすいのです。

費用の面、時間の面、防音効果の面。

3つの面ですべてお得なのが、
内側にもう一つの窓を設置する方法です。

当店では、2004年以降、防音対策のお問い合わせをもらって、
実際に直接施工をさせてもらっています。

施工するもののほぼすべて、
99パーセントは内側に新しい窓をつける方法
になります。

この内側に新しく設置する窓は、
『内窓』と呼ばれています。

別名、二重窓、二重サッシ、インナーサッシと
呼ばれることもあります。

それでは、なぜ内窓の設置がオススメなのか、
3つの理由を説明していきます。

内窓の資料請求はこちら
資料請求フォーム
ご相談・お見積もりはこちら
お問い合せフォーム
電話でのお問い合わせ:0120-797-348
窓工房 青梅店
〒198-0023 東京都青梅市今井2-1036-4
TEL:0428-31-1556
窓工房 入間店
〒358-0034 埼玉県入間市根岸425-1
TEL:0429-36-9695
トップページ営業エリアスタッフ紹介お問い合わせ資料請求